インフォメーション

information

多機能型事業所『オリーブケア』&障がい者グループホーム『ホームクラリス妻沼台』見学会・セミナー開催 光景<熊谷市>

2019.08.19

見学会コラム

8月1日(木)~3日(土)の3日間、熊谷市妻沼台にて多機能型事業所『オリーブケア』& 障がい者グループホーム『ホームクラリス妻沼台』完成見学会とミニセミナーを開催いたしました♪

見学会のテントを張り、お客様お迎えの準備中!

猛暑の日差しが降り注ぐ中、この後沢山のお客様にお越し頂きました。
みなさま暑い中、ありがとうございました^^/

グループホームの居室は10室。
全部屋に大きなクローゼット、室内物干しフック、壁掛けハンガーレールがあります。
入居者様がTVを見てくつろいだり、プライベート空間を確保できます。

グループホーム入居者様の共有の居間・食堂。
見学会の日は渋沢のパネルを飾らせて頂きました。

共有の居間・食堂にあるオープンキッチン。入居者様の様子も見渡せます。

共有の洗面コーナー。広々としたスペースになっていて、車椅子も利用できます

運営会社の埼玉福興株式会社様のファームで作られた、サラダほうれん草・じゃが芋・玉ねぎ♪
クラリスファームを運営されていて、この建物の近くにオリーブ畑や玉ねぎ畑があります。


2016年には国際オリーブオイルコンテストで金賞を受賞されました☆

食事の面からも入居者さんをサポートしたい!との想いを埼玉福興株式会社様のご担当者様からお話を伺いました。


オリーブオイルには抗酸化作用があります。「酸化」とは簡単に言うと「さびる」ことで、この酸化から身体を守ってくれる作用がオリーブオイルにはあります。

またオリーブオイルの葉でお茶も作られていて、このお茶には精神の鎮静作用効果もあり、また女性には嬉しい美肌効果もあるそうです^^*

多機能事業所 オリーブケアの玄関には、素敵なオリーブの樹がお出迎え。
生活介護と就労継続支援B型がある事業所です。

多機能事業所の多目的室と作業訓練室。明るく開放的な空間。

こちらの建物で、8/1(木) 14:00から『完成記念セミナー』が開催されました♪

第1部は、運営事業者様 埼玉福興株式会社 代表取締役 新井 利昌氏によるお話会。

セミナーは、「福祉と出会い」「農業と出会い」農福連携より一歩踏み込んだかたちの農福一体でソーシャルファームを運営されてきたお話から始まりました。

1993年 社会福祉法人むさしの郷の生活寮「年代寮」としてスタート。
1996年 埼玉福興株式会社を設立。

「GREATER KUMAGAYA ORGANIC FES 」など地域の活動にも、積極的に参加されています。オーガニックをいかに日常にしていくか、オーガニック(有機)な生き方、自然と人、人と人と共生する有機的な暮らしは地域への愛着に繋がる。

持続可能な地球環境や経済システムの実現を願い、そのためにいっしょに行動しよう!

地域と人を大切になさっているお気持ちが伝わる、新井社長の素敵なセミナーでした。

第2部は、日本ボレイト株式会社 富田氏による、身体に安心安全な「ホウ酸」による防蟻セミナー。
本施設「オリーブケア」は、この防蟻対策を実施しました!

ミニセミナーに参加して頂きましたお客様に、埼玉福興様のファームで作られたお野菜をプレゼントさせて頂きました。

水耕栽培で作られたサラダほうれん草は、えぐみが全くなく、葉も柔らかくてとても美味しかったです♪

当初の定員を超える参加予約を頂き、大盛況のセミナーとなりました!
暑い中ご参加頂きました皆さま、大変ありがとうございました。

■運営事業者様 埼玉福興株式会社 代表取締役 新井 利昌氏

新井社長様は「障がいのある方の能力に合った仕事を見つけられる場所、やりがいを見つけられる場所としての施設になって欲しい」とおっしゃっていました。


社長様の想いが沢山込められたこの建物が、みなさんのやりがいある働く場、そして豊かな暮らしの場となりますように。。。

☆★☆ 資産運用部 大森  ☆★☆

さんログイン中ログアウト